PlistEdit Pro – JSON または PLIST ファイルを生成および変更します。

ファイル構造にアクセスして表示し、プロパティリストを変更します。Mac プログラム用の JSON または PLIST ファイルを作成します。コンテンツのコピーと貼り付け、カスタム順序でのアイテムの整理、配列、ブール値、データ、日付、辞書、数値、または文字列パラメータの変更によるアイテムのクラスの変更

PlistEdit Pro を使用すると、プロパティリストファイル (.plist) を作成できます。このファイルは、ユーザー設定、バンドルおよびアプリケーションに関する情報、ローカライズデータを格納できるシリアル化されたオブジェクトです。このアプリケーションでは、.plistファイルのほかに、JSONファイルを作成および編集することもできます。

このツールは非常に使いやすいです。プロパティはツリーリストとして編集できます。ツリーリストには、必要な構造に応じて新しい子エントリと兄弟エントリを指定できます。さらに、アイテムをリスト内の他の場所にドラッグすることもできます。幸いにも、配列、ブール、データ、日付、辞書、文字列、数値など、さまざまなデータ型がサポートされています。次に、リストを作成すると、対応するコードが下部パネルで更新されます。この点で、生のXMLとJSONからフォーマットを選択できます。プロパティは簡単にナビゲートして変更できます。幸いにも、組み込みの検索機能を使用して特定のキーと値を検索することは可能です。最後に、AppleScriptコードを組み込むことで、いくつかのタスクを自動化することで、ツールの使用を少し進めることができます。

さらに、あなたの好みを変更することができます。たとえば、フォントスタイルと色を変更することは許可されています。同様に、このツールは、デフォルトのクラスとプロパティリスト形式の設定だけでなく、異なるソート設定の使用をサポートしています。詳細

結論として、PlistEdit Proは非常に簡単にPLISTファイルを作成および編集することができます。残念なことに、以前のファイルバージョンへの復帰に関連するバグがいくつか含まれている可能性があります。良いニュースは、製品がシェアウェアであり、無償で試すことができるということです。しかし、あなたのシステムに付属している同様のツールがあり、すでに支払ったもの以上の費用はかかりません。

レビューの概要

長所

XLM および JSON 形式をサポート

AppleScript によるタスクの自動化をサポート

カスタマイズ可能なフォーマット

短所

以前のファイルバージョンへの復帰に関するバグが含まれている可能性があります

スコア:

5.0

最新バージョン:

1.9.2

開発者:

ブライアン・ウェブスター